タイトル画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) このエントリーをはてなブックマークに追加

Aの卵に( ^ν^ )の細胞を入れると産まれてくるのはAでもその子供は( ^ν^ )という技術

96958A9C93819595E0E6E2E0E28DE.jpg



1ハマチ(香川県):2011/01/06(木) 01:17:18.99 ID:LMhWg3160
冷凍細胞で一“卵”二鳥 希少トリ、保存・復元に道
希少な鳥類の細胞を凍結保存しておき、環境が良くなった将来に復元して自然に帰す――。
そんな目標に向けて、農業・食品産業技術総合研究機構畜産草地研究所などが、新たな鳥類の保存技術を開発することに成功した。
実際に凍結保存した細胞から天然記念物の岐阜地鶏を復元する実験にも初めて成功した。

新技術は、保存用の細胞を採取するだけでなく、細胞を採取した卵も無駄にせず正常に育てられるのが特徴だ。

まず保存したい鳥類の産卵直後の卵を割り、内容物をそっくりほかの卵の殻に移して透明の蓋をかぶせる。
2日目に細い管で卵の胚の血液中から、卵子や精子に育つ「始原生殖細胞」を取り出し、凍結保存する。残りの部分はそのまま保温器などに入れて温める。

岐阜地鶏の有精卵88個を使い新技術を試した。細胞を採取した後、温め続けると25個がふ化し、12羽が繁殖能力のある正常な地鶏になった。
産卵直後の発生の早い時期に別の殻に移して温めたことで、細胞を採取した後も正常に育ったようだ。

また、冷凍保存した細胞から再び地鶏を復元する実験にも成功した。細胞を解凍後、一般的な白色レグホンの卵に移植。
かえったヒナはそれぞれ地鶏の卵子や精子ができる生殖器を持っており、交配したところ、本物の地鶏が誕生した。

96958A9C93819595E0E6E2E0E28DE0E6E3E0E0E2E3E2E2E2E2E.jpg
内容物を別の殻に移し、温めてふ化し成長した岐阜地鶏(畜産草地研提供)
96958A9C93819595E0E6E2E0E28D.jpg 
保存した細胞を白色レグホンの卵に移植して誕生した個体を交配させたところ、岐阜地鶏の子どもがうまれた(畜産草地研提供)

7スノータイヤ(大阪府)[sage]:2011/01/06(木) 01:22:08.30 ID:0lUBrmrnP
つまりじじいがハゲなら自分もハゲになるってことか


3ゴム長靴(東京都):2011/01/06(木) 01:18:19.57 ID:OvwGVQEy0
かんじがおおくていみわかんね


4千枚漬け(広島県):2011/01/06(木) 01:20:19.52 ID:FjbSmoTu0
つまりどういうことだってばよ


8つらら(兵庫県):2011/01/06(木) 01:22:33.81 ID:S0UFFfbR0
久々に内容を的確に表したスレタイだな


9運動不足(西日本):2011/01/06(木) 01:22:37.73 ID:co/zHbrz0
えーとつまり・・・
リア充の受精卵に俺の細胞を入れると
リア充の娘が生まれるが、その娘が身ごもって出来た子は俺になるわけか


10銀世界(大阪府)[sage]:2011/01/06(木) 01:23:55.66 ID:KHdDkxaD0
>>9
孫の不憫さに泣いた


13牡蠣(兵庫県):2011/01/06(木) 01:28:39.93 ID:5+TB0hoN0
>>9
分かりやすいな。酷い技術だ


12
火鉢(中国地方):2011/01/06(木) 01:28:03.64 ID:r3DU+XvL0
世代を超えた嫌がらせができるわけか


14つらら(兵庫県):2011/01/06(木) 01:29:00.79 ID:S0UFFfbR0
どんな理屈だろうな
殻をもつ卵を産む生き物特有の性質なんかな


15ハマグリ(東京都)[sage]:2011/01/06(木) 01:30:28.98 ID:baBMJ4W+0
「始原生殖」ってすげーな
ペドフィリアなんてレベルじゃねーぞ
関連記事
[ 2011/01/06 11:32 ] その他 | TB(0) | CM(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

kur0sukex

記事タイトル訂正しました

twitter始めました

このブログについて

RSSリンクの表示
リンク
アクセスランキング
  • SEOブログパーツ
フィードメーター - シマクロ速報


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。